TMI総合法律事務所

RECRUITING INFORMATION

OPEN/CLOSE

新人弁護士採用 ENTRY MYPAGE

TMI総合法律事務所

新人弁護士採用 ENTRY MYPAGE

OPEN/CLOSE
TMIを知る
代表メッセージ
ユニークな組織
SPECIAL MOVIE
TMIの人
5年後の座談会
弁護士インタビュー
海外提携先との恊働
TMIの環境
成長を支える制度
オフィスツアー
採用情報
OPEN/CLOSE
TMIを知る
ユニークな組織
SPECIAL MOVIE
TMIの環境
就業環境データ
所内コミュニケーション
オフィスツアー
TMIの人
スタッフの仕事を知る
採用情報

TMIの人 TMIで働く所員や海外提携先から見た、TMIの魅力を紹介します。

人の役に立ちたい、世の中の動きに敏感でいたい。その夢を、知財分野でかなえている。

松山 智恵

これまでの経歴

理学部で素粒子(宇宙物理学)を研究。世間と関わりが薄い分野で研究を続ける中、「直接的に人の役に立つことがしたい、世の中の動きに敏感になれる立ち位置にいたい」という思いが芽生え、思い立ったのが弁護士を目指すことでした。なお、当時、母校の理学部から司法試験に挑む人は前例がなかったとのことです。知財分野への興味はこの頃からあり、理系出身の経歴を活かせると感じていました。

TMIを選んだ理由 人の魅力に圧倒された

「お会いした方すべてが魅力的」、それが事務所訪問時の印象でした。大変多くの先生方と話す機会があったのですが、経験談を熱く語る人、質問が的確で引き出し上手な人、話を聞く姿勢に長けた人などさまざまでした。また、さまざまな個性の方がいる中で、お互いの個性を尊重し、認め合う雰囲気、自然な会話や笑顔に接し、大変好印象でした。
興味を持っていた知財案件を多く取り扱っていることもあり、最初に事務所訪問したのがTMIでした。まだ、他の事務所訪問に行き始めたぐらいの早い段階で、TMIから内定のお話をいただきました。「行きます!」と即答し、「すぐ決めていいの?サムライみたいだね。」と言われましたが、実際に多くの先生方とお話しした後だったので、私としては迷いはありませんでした。今振り返ってみても、その判断は正解であったと確信しています。

入社後の育成 見識を広げ、将来に備える

1〜2年目は各分野の先生から声をかけていただき、さまざまな分野の案件に関与し、幅広く経験を積みました。また、多くの先生方と仕事をご一緒したり、食事をしたりする機会に恵まれました。そこで弁護士業務は絶対的な正解があるわけではなく、案件、クライアント、弁護士ごとの対応方法や考え方があるのだということを学べたことは、極めて貴重な経験であったと思います。

初年度から折衝の窓口に

入所当初は契約書や準備書面などのファーストドラフトを担当することが多いですが、1年目からクライアントと直接やりとりをすることも求められます。メール案を作成し、事前に他の先生方にも確認をしてもらった上で、クライアントにお送りするなど、所内からのサポートを受けながらクライアントと直接やりとりをする中で、クライアントが何を望んでいて、どういった視点を考慮すべきなのかも学ぶことができました。
また、相手方代理人との折衝の機会もあります。私が1年目の頃、こちらから送付した通知書に対して、相手方代理人から突然お電話をいただいた際、その方がある分野で高名な弁護士であることに気付かずに、当該分野の初歩的な法律の理解を確認するかのような発言をしてしまい、不快な思いをさせてしまったことがありました。当時の、恥ずかしかったり焦ったりといった気持ちが今でも蘇りますが、こういった失敗の経験は、今の成長に繋がっていると思います。

知財分野で弁理士と協業

知的財産権、特に特許に関連する案件を主に取り扱っています。特許権侵害訴訟など、裁判も多く担当しています。例えば、権利者から訴訟の依頼を受けた場合には、勝訴の見込み、すなわち「相手方製品が依頼者の特許権を侵害しているか、また、当該特許が無効になる可能性」について意見書を作成します。そして提訴をするか、また提訴した場合の戦略などを検討します。
特許訴訟全般において重要なのは、技術への深い理解です。TMIには技術分野ごとに専門の弁理士が所属しており、訴訟に最適な人とチームを組みます。一方で、弁護士はあらゆる技術分野を取り扱うことが多いので、案件ごとに技術を理解することも必要です。特許訴訟では「当業者」、すなわち「当該技術分野における技術専門家のうち、平均的水準にある者」であればどのように考えるか、ということが問題になります。したがって、訴訟ごとに当該技術分野の専門家である弁理士の協力は、当業者の感覚を把握する上で必須と言えます。 このように、弁護士・弁理士の連携体制が整っていることや、私自身のTMI入所後の特許庁への出向経験、数多くの訴訟経験は、クライアントからも評価して頂いているように思います。また、知的財産権に関する国の基本的政策について議論する産業構造審議会知的分科会の委員を務めさせて頂いたり、特許法の改正などを審議する特許制度小委員会の委員を務めさせて頂いたりと、国の機関からもお声掛けを頂くようになりました。

TMIに入社して良かったこと 世の中への影響が大きい

世の中への影響が大きいと思われる案件に多く携われることです。時には知名度の高い製品が、判決次第で市場から姿を消すこともあり得ます。製品の命運を左右する現実に向き合うと、緊張と責任で身が引き締まる思いです。印象に残っている案件は、多数の仮処分を同時に申し立てられ、いずれか1つでも認められてしまえば、対象製品の販売が差し止められてしまうという事案です。スケジュールはタイトで見通しも厳しい状況下、弁理士との連携が功を奏し、結果的には、相手方が全ての申立てを取り下げるに至りました。本件は後日談があり、相手方の企業が別の裁判を起こす際、TMIに依頼されたのです。弁理士を始めチームの成果ではありますが、弁護士冥利に尽きると思いました。

キャリアを自ら築ける

キャリアを幅広く積める、希望する案件に携わることができる、ということもTMIの長所だと思います。経験の場も事務所内だけでなく、企業、公的機関への出向や留学などさまざまです。私も入社5年目に、特許庁の審判部へ出向する機会に恵まれました。審判部で弁護士を受け入れるのは初の試みでしたが、公募情報を知った所内の先生が挑戦を促してくれました。ちょうど特許法の改正を控えていたこともあり、2年半ほど勤務し、特許法の改正にも携わりました。
また、この時は産休を取って復帰したタイミングでした。休暇前は案件を整理しておいたので、身軽だったことも出向の後押しとなりました。最近は“ママ弁護士”も増えてきて、産休・育休後の復帰は当然という意識になっています。「女性だから」とことさら構えることなく、復帰後も今までどおり働いたり、時短を使ったりと自分にあったスタイルでの仕事が可能になってきていると感じます。私も8歳と11歳の二児の母でもあります。

どんな人に入所してもらいたいですか? 他人を尊重できる人

チーム単位で案件に従事することが多いため、意見を出し合う機会が頻繁にあります。誤解を恐れずに言えば、真剣ながらも“楽しい”雰囲気で議論をしています。お互い率直に主張を伝え合い、たとえ意見が異なっていても検討する前に拒絶するようなことはなく、真摯に受け止め建設的な議論ができています。この他人の意見を尊重し自分の意見とは異なる意見でも受け入れた上で検討する姿勢が、何より大切であり、TMIで働く上で必須の素養だと思います。
キャリアアップの面で言えば、手を挙げれば希望の案件に携われます。未知の分野への挑戦を歓迎する風土も特長で、代表弁護士自ら毎年の挑戦を掲げ、実践しています。何か新しいことに挑戦をするのに年齢は関係なく、年齢と比較して醒めた視線を浴びることもありません。私自身も知財を軸にしながらも、異分野への進出を常に意識しています。一方で知財分野においても、変化を受け止めながらスペシャリストを極める道があります。自分の頭でしっかり考えることができ、意欲にあふれた人であれば、こうしたTMIの“楽しさ”が共有できると思います。

音大を目指していたこともあり、高校時代の途中まではピアノに熱中していました。大学生の時は、近所の子どもたちにピアノを教えたり、結婚式場でピアノを弾いたりしていました。司法試験の受験勉強中も、ピアノ講師だけは続けていました。TMIへの入所後は、弁護士仲間に誘われてサルサのレッスンを開始。夜に一旦業務を離れて六本木のバーなどで開催されているサルサ教室へ出向き、また仕事に戻ることもありました。また、子供たちは小学生となり、以前ほど世話に手がかかるということはなくなりました。平日は一緒にいられる時間が少ないので、週末はできるだけ一緒に過ごせるようにしており、元気な子供たちの笑顔にパワーをもらっています。

弁護士インタビュー

泉 徳治 松山 智恵 宮本 央

TMIがつくる人 人がつくるTMI

Copyright(c) TMI Associates All right reserved.

ページトップへ